トンイに夢中

今まで芸能人でもアーティストでも、これと言って特に夢中になれるものがなかった私が、まさか韓国ドラマにはまるとは夢にも思いませんでした。

昨年からNHKで日曜23時に放送されて、つい先日とうとう60話完結となった『トンイ』と言うドラマ、初めは堅苦しそうな話かと思い食わず嫌い状態でした。

偶然、母親がテレビをつけた時にやっていたので観てみたのですが、1時間後にはもうすっかり虜になっていて、以降は毎週日曜日が来るのが楽しみでなりませんでした。

途中オリンピック期間に入り1ヶ月中断した時は、もうどうにかなりそうなくらいでした。

大袈裟だと思われるかもしれませんが、それ程までにトンイと言うドラマLOVEで、夢の中にも好きな役の人が出て来て欲しいと思いました。

とりあえずハッピーエンドで完結したのでやっとホッとしたところなのですが、何せ途中から見始めたため最初の話が気になります。

そこで、早速ネットで探し出し先週より第1話から観ています。

時間が許すのであれば1日中観ていたいくらいです。

悪戦苦闘

先週から住んでいるマンションに突如鳩が現れました。

最初は鳴き声が聞こえベランダから覗いてみると下の階に止まってました。

その2・3日後今度は我が家のベランダにやってきたらしく、一緒に住んでいる母曰く排水溝に卵を産んでったそうな。

その話を聞いていろいろネットで検索してみると、鳩はかなりの厄介者らしい事がわかった。

特に巣を作ってしまうと何回追い払っても戻って来るみたい。

退治方もいろいろあるらしいがどれも効果はイマイチっぽい。

最初に検索したページでお酢が効くとあったので早速排水溝周りにドバドバと撒いてみた。

どうやらあの匂いが苦手らしい。

次の日朝からベランダにやってきてその都度追い払ったのだが何度も襲来してくる。

但しベランダの中には入ってこなかった。これがお酢効果なのだろうか?

その後ベランダ全体に行き渡るようにお酢を撒いた。

そのおかげかどうがわからないがそれ以来鳩は目にしてない。

ただ鳩は戻って来る習性があるらしいので今後も目を光らせておかないといけない。

赤ちゃん基準

今日娘と2人で買い物へ行った時のこと。

突然娘が「赤ちゃん!」とおっきな声で叫びました。

実はこれ、親の私が外出先でドキッとすることなんです。

何故かというと、娘の赤ちゃん基準は「ベビーカーに乗っていればみんな赤ちゃん」というものだから。

今って歩けるのにベビーカーに乗りたくて乗ってるのか乗せられてるのか分からないけれど乗ってる子いますよね?

思いっきりベビーカーから足が見えてる子。

私自身、ベビーカーを見ると「赤ちゃんかな?」とちょっと見てみたくなるんですが、見ると「うわ…子ども…」と思うことよくあります。

子どもの赤ちゃん基準って不思議。

いつまでもお父さん似

うちの娘ってお母ちゃんの私が見ても誰が見ても筋金入りの「お父さん似」なんです。

髪の毛が天パーもお父さん似。ほっぺたのぷっくりもお父さん似。

お母ちゃんの部分は…性格だけ?

娘が産まれた時のこと。

「もう頭が見えてきましたよー」と助産師さんが励ましてくれて…

「あとちょっとか…」と最後の力を振り絞って頑張った瞬間。

娘の頭が出た感覚がありました。

助産師さんが「ほら、赤ちゃん見えてきたから頭あげてごらん」

言われるがままに身体を看護師さんに支えられながら起こすと主人そっくりの顔がいたのを未だに忘れられません。

もう産まれて3年になるのに…まだお父さん似のままです。

満開のラベンダー

家の庭のラベンダーが満開になりました。実はこのラベンダー、植えたものではなく、数年前に小さい鉢で育てていたラベンダーのこぼれ種が庭に落ちて育ったものなのです。

ラベンダーといえば香り高いハーブの一種として有名ですが、ほっからかしでもこんなに簡単に丈夫に育つものなんだと感心してしまいました。

種から芽が出てから花が咲くまでは1年以上はかかりました。寒い冬でも雪に埋もれても枯れませんでした。

どんどん大きくなっていくので、邪魔にならない程度に間引き、この春、本当にきれいな花を咲かせてくれました。

ラベンダーは咲いて枯れて終わる花ではなく、咲いて収穫して加工のできる花なので、いろいろ調べたところ、乾燥して小花や種を小さい袋に入れる「ポプリ」、乾燥しないまま茎ごとリボンで飾りつけをする「ラベンダースティック」の二つを作りました。

どちらも加工しているときから独特の華やかな香りが漂って、癒されながら作業ができました。

まだまだ咲き続けるラベンダー、上手に加工ができたら、ぜひ友達にもプレゼントしてみたいです。

Just another WordPress site